府職労ロゴ 大阪府職労ホームページ
トップページ 考えよう大阪府政 府職の友 青年部 婦人部 リンク
うたごえ合唱団 スキューバダイビング ご意見コーナー 何でも相談 組合員のコーナー

 

●もくじ●

TOP
--------

考えよう
大阪府政

--------
府職の友
--------
青年部
--------
婦人部
--------
うたごえ
合唱団

--------
スキューバ
ダイビング

--------
ご意見
コーナー

--------
何でも相談
--------
リンク
--------
組合員の
コーナー
--------

 

わいわいサミット2002IN富士

 

『あらゆる面でプラスになった、わいわいサミット』
                          
 「わいわいサミット」に初めて参加しました。
 ガイドさんの説明のもと、自衛隊の演習場に見学に行きました。その時、ちょうど実弾訓練が行われており、周辺にものすごい爆音が響きわたり、着弾と同時に吹き上がる砂煙を目の当たりにしました。有事法制関連法案が話題になっている現在、もし、この法案が成立し日本が戦争に巻き込まれれば、私たちも嫌でも戦争に協力させられ、実際にみた訓練のような状況が日常的に行われる可能性があるなんて、考えたくもないと思った。これからも、平和活動をもっと強くしていかなければならないという思いを改めてもつ、企画だったと思います。
 演習場を見たあとに行われた、グループ毎の討論では、平和問題のこと、環境問題のことについていろいろな意見が聞け、得るものが多かったと思うし、知らない市町村の人たちと様々な問題について少しずつでも話しができたことが自分にとって、あらゆる面でプラスになったと思う。
 今回の企画は、自分自身で物事を見つめ直すいい機会だったと思う。今後も機会があればどんどん参加して自分を磨いていければいいなと思った。

 

『いろいろな思いを巡らした富士演習場』

 私が今回の「自治体にはたらく青年のつどい」に参加させてもらうきっかけは、この企画の実行委員長からの誘いでした。
 今回の企画が、青年中心の企画で富士山近くの演習場を見学し平和について考え、3日目に自由行動の時間があり、オプション企画のひとつに「青木ケ原樹海散策」があるというところに魅力を感じ参加しました。
 私自身、小学校の頃から「青木ケ原樹海」に興味があり、ここ暫く旅行らしいことをしていなかったので、誘いを受けたときは二つ返事でO.Kした事を覚えています。
 1日目はバス内で1泊。2日目の早朝、バスで富士山の5合目まで行き御来光を拝めるはずが、あい憎の曇り空で拝むことが出来ませんでした。次の富士山麓の御殿場に大規模な演習場があり、NGOのガイドさんから毎日、自衛隊とアメリカ軍の実践さながらの演習が行われている現状を聞きました。そういう状況の中で、周辺住民の人たちは何を感じて過ごしているのだろう。私達にはない緊張と不安の日々を送っているのではないだろうか、といろいろな思いを巡らしました。
 その後宿泊先に到着してから、ヨハネスブルグで開催された「環境サミット」に府職労から参加した岸田さんが、現地の状況などをスライドを使って報告してくれました。
 現地では「大阪府内のダイオキシン汚染の実状や二酸化炭素削減計画の中身、NGO、民間団体等とのパートナーシップ」などについて報告を行ったということでした。
 報告を聞いて、環境の問題が自分の身近にも存在することを感じました。
 3日目の「青木ケ原樹海散策」の洞窟探検は「楽しかった」の一言に尽きます。参加者全員が洞窟、背負子(しょいこ)に懐中電灯を持ちながら狭い洞窟の中を頭や背中などをぶつけながら入っていったりして楽しかったです。
 貴重な経験ができた3日間でした。次回もありましたら参加したいです。

 

トップページへ戻る