トップ 考えよう大阪府政 府職の友 青年部 婦人部 リンク
うたごえ合唱団 スキューバダイビング ご意見コーナー 何でも相談 組合員のコーナー

 

●もくじ●

TOP
--------

考えよう
大阪府政

--------
府職の友
--------
青年部
--------
婦人部
--------
うたごえ
合唱団

--------
スキューバ
ダイビング

--------
ご意見
コーナー

--------
何でも相談
--------
リンク

 

 
大阪府公衆衛生研究所の充実を求める

            府民懇談会を開催(8/23)

削減などもってのほかだ

「公衆衛生研究所の充実を」に実感

 

 健康福祉部に設置されている「公衆衛生研究所のあり方検討委員会」は大幅な人員削減、業務の縮小、労働衛生の見直しなどについて検討、九月下旬に案を提示するとしています。

 この様な中で府職労は八月二十三日、森ノ宮のアピオおおさかにおいて「大阪府立公衆衛生研究所の充実を求める府民懇談会」を開催しました。懇談会には府民団体十四機関から五十人の参加がありました。参加者からは、「公衛研の削減などもってのほかだ」「生活の安全に関する要求は多い、先取り的な調査・研究が必要だ」「地球温暖化で熱帯性の感染症が増える。関西の玄関(関空)をかかえる府が責任をもって研究することが大事だ」「運動の進め方に工夫が必要だ」「公衛研の業務をもっと府民に知らせることが必要だ」など多くの意見が出され、「参加して公衛研の大切さがよくわかった」などと共感の輪が大きく広がる懇談会となりました。

「業務の削減、組織縮小は府民の健康危機に対する対応能力を低下させる」

 金治府職労委員長は「住民の健康を脅かす事件が相次いでいる中、府民の健康を守る機関として、公衆衛生研究所の充実こそが求められている」 とあいさつしました。公衛研分会の吉田分会長が公衛研が行っている業務を簡潔に説明、「大幅な人員削減を伴う業務の削減、組織縮小は府民の健康危機に対する対応能力を著しく低下させる。府民生活への安全への対処が思うようにできないことは当研究所の職員にとっても何ともやりきれないものだ。削減計画はなんとしても阻止しなければならない」と述べました。つづいて、労働衛生部の熊谷執行委員、食品細菌課の久米田執行委員、食品化学課の吉田執行委員がそれぞれの部門の業務と府民生活との関わりについて詳しく説明し、その大切さを訴えました。

<会場からの発言>各団体からのご意見をご覧ください