●もくじ●

TOP
--------
考えよう
大阪府政

--------
府職の友
--------
青年部
--------
婦人部
--------
うたごえ
合唱団

--------
スキューバ
ダイビング

--------
ご意見
コーナー

--------
何でも相談
--------
リンク

 


2008年1月1・15日付 

遊歩道

謹賀新年。今年も読者のみなさんに親しまれ愛される「府職の友」づくりに励みます
▼「ねずみ年」に、ちなんだコラムを考えていたところ、息子がねずみ年であることを思い出した(正確には妻から聞いた)ので、子どものことを書きます

▼「他人の子は大きくなるのが早いなぁ」と感じることがよくありますが、我が子も大きくなるのが早い。もう来年で
12歳、あっという間の12年。小さくてかわいい時を懐かしく感じます。今もそれなりに「かわいい」のですが、体重が50sを超えている体を見るとなんとも言えません

▼「大きくなったら何になる」のか聞くと「そやな、とりあえず大人」と答える息子。将来が若干不安でもあります

▼8歳の「かわいい」娘もおりますが、この子らが大人になるころ、どんな社会情勢になっているのか。「政治の変化」のテンポが早い今日の情勢が、より発展しているのだろうか。大人ができることをちゃんとして、未来を担う子どもらに「いい社会」を引き継いでいくことが大切だと思います

12年後のねずみ年に24歳になる息子と21歳になる娘がどんな人生を歩んでいるのか。健康に気をつけながら、未来に展望を持って、共に生きていきたいと思います。(K)