元さんのやってみよう簡単料理⑧(旧府職労ホームページより)

今回は、「きのこ類」を使ったさっぱり味の「きのこ御飯」、カロチンが多く含まれている「かぼちゃ」を使った「かぼちゃサラダ」を紹介します。

☆きのこ御飯

材 料(4人分)
ブナシメジ小2パック、縮緬じゃこ30g、ごはん3合分、
醤油大さじ1強、サラダ油大さじ1、山椒の粉適宜
「ブナシメジ」は一般に「本しめじ」と呼ばれています。

作り方
①ブナシメジは2~3本くらいの子房に分けます。
②フライパンを火にかけ熱くし、サラダ油を入れ、①のブナシメジ、縮緬じゃこを加えて炒めます。
③醤油を加え、全体に味を馴染ませ、火を止め、山椒を振り入れます。
④ボウルにごはんを入れ、③を加え、しゃもじで均一に混ぜます。

ブナシメジの代わりに、しいたけ(5~6枚)の細切り、ひらたけ(2株)、まつたけ等もおいしいきのこ御飯に変身します。

☆かぼちゃサラダ

材 料(4人分)
かぼちゃ1/4個(400g)、酢小さじ1.5、塩少々、こしょう少々、
サラダ油大さじ1.5、たまねぎ1/4個、マヨネーズ大さじ4

作り方
①かぼちゃは種とわたを取り、電子レンジで7~8分加熱します。4分で上下を入れ換えます。
②かぼちゃのあら熱が取れたら、皮の堅い部分を削ぎ取り、一口大に切り、温かいうちに、酢、塩、こしょう、サラダ油を混ぜ合わせたドレッシングで下味をつけておきます。
③たまねぎを薄切りし、水にさらし、水切りしておきます。
④ボウルに②のかぼちゃ、③のたまねぎ、マヨネーズを入れ、均一に混ぜ合わせます。

☆かぼちゃは健康 野菜の王様だよ!

ビタミンAがずば抜けて多く含まれています。夏野菜でありながら、冬至のかぼちゃの話は有名です。今では冬至まで保存されたかぼちゃではなく新鮮なものが出回ります。勝間(こつま大阪市西成区玉出地区)なんきんっていう伝統野菜もあります。