元さんのやってみよう簡単料理⑩(旧府職労ホームページより)

手軽に「まぜ寿司」を作る基本を紹介するため、塩鮭を使います。もうひとつ!正月の餅を利用した温かい「焼き餅のみぞれ汁」を紹介します。

☆簡単まぜずし

材 料(4人分)
炊きたて米飯3合分
塩鮭2切(カマス、サンマの開きでも可能)
きゅうり1本 いりごま大さじ11/2
酒大さじ1 フルーツ酢大さじ3 塩適宜
☆みょうが、大葉の千切り、金糸卵を豪華にトッピングしても可能
☆フルーツ酢はリンゴ酢、柿酢、梅酢などを用います。
醤油 適宜

作り方
①米は水洗いし、普通に炊きます。
②塩鮭はよく熱した魚焼きあみで香ばしく焼きます。
③焼いた魚をざるにのせ、酒をふりかけて、骨、皮を取り除いて身をほぐします。
④きゅうりは小口から刻んでうすい塩水(水1カップに塩小さじ1)につけて、しんなりすれば布巾に包んでしぼります。
⑤炊きたてのごはんにフルーツ酢といりごま、さらに③④を混ぜて仕上げます。

☆焼き餅のみぞれ汁

材 料(4人分)
鶏肉200G 木綿豆腐半丁
丸もち4個 大根おろし200G
青 菜1束 水4カップ
塩小さじ1強 しょうゆ小さじ1強
一味とうがらし適宜 ゆずごしょう適宜
・青菜は、ほうれんそう、大阪しろな、こまつなで可能。
・餅は、今回焼き餅にしますが、揚げ餅も「コク」があっておいしいですよ。

作り方
①もちは柔らかくなるよう焼餅にします。
②豆腐はやっこ切りします。
③青菜は熱湯でゆがき、水にさらし、5㎝の長さに切ります。
④水を沸騰させ、小口切りにした鶏肉を入れ、塩、しょうゆを加え、吸物より濃いめの味付けにして煮立て、焼餅と豆腐を入れて暖める程度に煮ます。
⑤大根おろしと青菜を加えます。
⑥一味とうがらし、ゆずごしょう等を添えて食します。

餅が少し余った場合や寒い時期に体を温めたい時に「鍋風に仕立てた汁物」はいかがでしょうか。
塩鮭も結構、冷蔵庫や冷凍庫で眠っていませんか?華麗に変身させてください。