知って!私たちの職場(9)

子どもライフサポートセンター

不登校やひきこもりなどから子どもたちの自立支援をめざす府立子どもライフサポートセンターが本年4月に開設されました。

ウグイスのさえずりで目を覚まし、キジの姿を見ながら食事…。
まるで高原のペンションにいるようなさわやかさで、子どもライフサポートセンター(愛称:ティーンズナビ)の一日は始まります。

今年4月に新設された当センターは、「義務教育を修了し18歳未満で、不登校、ひきこもり等の状態にあり、自立に向けての意欲のある人」を対象にした、定員80人(入所50、通所30)の施設です。児童自立支援専門員、心理職員、教員、職業指導員等の専門職員が、生活面、心理面、職業面など、多岐にわたるサポートを行います。

開設されてはや2ヶ月。子どもも職員もまだまだ手探り状態で毎日を過ごしていますが、多様な職員構成をいかし、子ども達一人ひとりの自主性が引き出されるよう、支援を進めていきたいと考えています。あわせて、職員にとっても働きやすい職場になるよう、分会活動を進めていきたいと考えています。