大阪国際児童文学館と大阪府立図書館を考える集いが開催されました!

橋下府政による財政再建の名のもとに、国際児童文学館の移転や府立図書館の市場化など、府民の知的財産そのものが危ぶまれる事態となっています。

09年2月15日(日)に開催された「集い」には、大阪だけでなく、近畿をはじめ全国から200名を超える方にかけつけて頂きました。ありがとうございました。

詳しい内容は下記のリンク先をご覧下さい。

●大阪国際児童文学館と大阪府立図書館を考えるページ
http://www.fusyokuro.gr.jp/tosyo_tudoi/tsudoi090215.html