出生サポート休暇【不妊治療休暇】(大阪府のみ)

要件・対象・期間等

  • 不妊治療を受ける場合(一般不妊治療、生殖補助医療等)
  • 一暦年5日、体外受精及び顕微授精に係る場合は10日。日または時間単位

給与

  • 有給

2020年に長年の要求が実現し、2021年に無給で導入。2022年4月から有給に!

備考

・医療機関からの「不妊治療連絡カード」「出生サポート休暇取得にかかる意見書」等で確認

ページトップへ