府職の友号外|発行物

2022/11/25
一時金(ボーナス)は、現行どおり2.25月を12月9日に支給

11月22日、病院機構当局は、府職労病院労組が11月7日に提出した「2022年秋季年末要求書」に対する回答を行いました。すべての職員へ賃上げを 病院機構当局より、一時金は現行どおり(2.25月)を12…

2022/11/08
病院労組2022年秋季年末要求書を提出

11月7日、府職労病院労組は、府立病院機構理事長あてに「2022年秋季年末要求書」を提出しました。22日には団体交渉を行い、切実な要求実現をめざします。要求書提出にあたり、府職労病院労組の山本委員長は…

2022/10/18
看護職員処遇改善手当 全センターの看護職員に支給

府職労・病院労組の追及で当初提案を修正 10月18日、病院機構当局は、9月29日に提案した「看護職員救急医療管理手当、看護職員救急医療管理加算額の支給」について、当初の提案を修正し、「看護職員処遇改善…

2022/10/07
看護職員救急医療管理手当、看護職員救急医療管理加算額の支給について提案

コロナ医療「看護職員救急医療管理手当」を4センター(急性期、はびきの、母子、精神)の看護職員に支給、国際がんセンターには支給なしセンター間に差別を持ち込まず、全てのセンターと職種に手当支給せよ 9月2…

2022/08/30
不妊治療休暇の創設等の提案に対する態度表明、コロナ第7波での申し入れ

不妊治療休暇の創設、育児休業及び育児参加休暇の取得要件の緩和 7月28日に提案があった「職員就業規則、育児・介護休業等に関する規定及び非常勤職員就業規則、非常勤職員育児・介護休業等に関する規定の一部改…

2022/08/01
職員就業規則、育児・介護休業等に関する規定及び非常勤職員就業規則、非常勤職員育児・介護休業等に関する規定の一部改正について

育児休業の取得回数増や不妊治療休暇を新設非常勤職員へも改正や特別休暇を新設 7月28日、府立病院機構当局は、府職労・病院労組に対し「職員就業規則、育児・介護休業等に関する規定及び非常勤職員就業規則、非…

2022/07/01
一時金2.25月を支給、不妊治療休暇は、前向きに検討 府立病院労組2022年度要求書にもとづく団体交渉を実施

  6月24日病院労組は3月22日に提出した「府立病院労組2022年度要求書」にもとづく団体交渉を行い、一時金削減を行わず現行どおり2.25月を6月30日に支給すると回答しました。また、不妊治療休暇に…

2022/04/20
もう限界を超えている! 2年以上も続く「持ち帰り電話」対応を直ちに改善して!健康医療・保健所支部が緊急申入れ

4月18日、府職労健康医療・保健所支部は、職員に夜間緊急電話を持ち帰らさない体制の確立等を求め、健康医療部長に「緊急申入れ」を行いました。新型コロナウイルス感染症には、連日多数の感染者数が報告され、そ…

2022/03/15
2022年度職員定数配置計画 府全体で133人定数増(大阪都市計画局、IR推進局含む) 保健所27人(各保健所に保健師2人、行政1人ずつ)、子ども家庭センター40人増員  子ども室、教育庁などで業務量増による増員、成長戦略など知事重点でも増員

 3月11日、府当局は府職労に対し、「令和4年度職員定数配置計画」を示しました(詳細は裏面参照)。 この間の府職労の取り組みを反映し、コロナ対策関連業務として、保健所に27人の増員(各保健所に保健師2…

2022/03/03
急性期、はびきの、母子の看護職員へ月4千円の臨時手当支給 病院や職種による差別的扱いに抗議し、全病院職員への支給を強く要求

 2月22日、病院機構当局は、府職労・病院労組に対し、「月の初日に大阪急性期・総合医療センター、大阪はびきの医療センター及び大阪母子医療センターに勤務し、職種が看護職員(看護師、准看護師、保健師、助産…

ページトップへ